大菩薩峠 第二部 東映(昭和33年:1958)
監督
 内田吐夢

出演
 片岡千恵蔵
 中村錦之助
 月形龍之介
 長谷川裕見子
 丘さとみ
 星美智子
 東千代介
 木暮実千代
 山形勲

 第一部で、宇津木兵馬(中村錦之助)に追われて崖から落ちた机竜之助(片岡千恵蔵)は失明し、紀州の竜神の滝の近くで、お豊(長谷川裕見子)に再会し助けられる。しかし、失明を癒していた机竜之助は、お豊に言い寄る金蔵を斬ってしまい、お豊と伊勢古市に逃れるのである。一方、竜之助を兄の仇として追っている宇津木兵馬も、裏宿の七兵 衛(月形竜之介)、お松(丘さとみ)と再会し、竜之助を追って伊勢古市に向かう。

 竜之介と逃れてきたお豊は、伊勢の旅篭に住み込みで働き、竜之助の目の治療費を得ようとするが、折しも宿泊した旗本神尾主膳(山形勲)のために自殺してしまう。お豊の書置きを、間の山節を芸とするお玉から受け取った竜之助は、虚無僧姿で江戸へ下るが、その江戸下向の途中で、神尾主膳の愛妾お絹にひろわれる。しかし、お絹に興味を持ったがんりきの百蔵という泥棒によって山中に置き去りにされてしまい、山の奥深くに迷い込み、道を踏み外して倒れてしまうが、そこに通りかかった薬売りのお徳(木暮美千代)によって一命を助けられる。一方、宇津木兵馬もまた、机竜之助の後を追いかけて行くのである。

 お徳に助けられた机竜之助は、お徳の看護により健康を回復し、お徳の子供の蔵太郎に自分の子供を重ね合わせて、人間らしい心を取り戻すかにみえた。しかし、お徳親子と湯治のために訪れた温泉に、甲府勤番の役人として甲府に向の神尾主膳も現われ、地元の有力な郷士の婚礼に無理難題を押し付け金を要求するのを見かねて、槍をとって主膳の家来達を殺してしまう。しかし神尾主膳は、この竜之介の腕を見込み、その腕を利用するために竜之助を客分として甲府に同道させるのであった。そしてその甲府には、駒井能登守(東千代介)が新しく甲府勤番支配となるために江戸から向かっていたのである。

 以上が、大菩薩峠第二部の大よそのストーリーである。この映画においては、多くの人物が現われ、それぞれに竜之助と関わりをもってくるが、この映画の主題は、何といっても竜之介よって炙り出され、竜之助という人物によって具現化される人間の狂気のように思われる。ただしこの狂気とは、単なる精神の病からくる狂気ではなく、以下のような場面でもわかるように、生に対する”絶対的な絶望”とでもいえるようなものに取り付かれた狂気というようなもののような気がするのである。

 失明し、竜神の滝の近くでお豊の手厚い看護を受けていた竜之助が、これからどうするのかと心配して尋ねるお豊に、次のように述べるのである。

 「それは拙者にも分からぬ。定めのままに身を任せよう。目は心の窓という。その窓を閉ざされて、拙者の心は闇となった。いや、始めから闇であったのかも知れん」と。

 まさに、ここには無明の闇の底深くに沈んでいる机竜之介がいるのである。竜之助は、山に迷い道を踏むはずして生死の境を彷徨ったことによって、この闇からひととき逃れることできたかのように見え、人里離れた山奥で、お徳親子と静かな生活を送ろうともするのだが、神尾主膳の家来を槍で殺してしまったことで、再び無明の闇に落ちてしまうのである。それを止めようとするお徳に対して、竜之助がこう言うだ。

 「お徳どの・・・、血しぶきを浴びて、拙者の心はまた変わった。血腥いものが、またわしを呼ぶようじゃ」と。

 この竜之助をみていると、竜之助に限らず、人の本性というものは実は何があっても決して変わらないのかもしれないと思えてしまうのである。その深さや広さ、そしてそれが表にでてくるかどうかに個人によって相違はあるにして、たぶん多くの人が竜之介的なる物を内に抱きかかえているのかも知れないような気がしてしまうのは、筆者だけではないのではないだろうか。

 客分として遇するために、神尾主膳が国広作の名刀を竜之介に渡したとき、竜之助は、こうもまたつぶやくのである。「上州国広、新刀第一。よーく切れそうじゃ。断っておくが、拙者、頼まれて人を切ったことはない。生き血を求めて無明を彷徨う。切りたいから切るまで!」と。こう呟く片岡千恵蔵の机竜之助は、他の役者では演じることができないような、凄まじい狂気が画面から立ち昇ってくるようである。


 以下に他の方の感想があります。