椿三十郎 東宝(昭和37年:1962)
監督
 黒澤明  

出演
 三船敏郎
 仲代達也
 加山雄三
 伊藤雄之助
 志村喬
 入江たか子
 『椿三十郎』は、”痛快娯楽時代劇”という言葉がまさにぴったりの理屈抜きに面白く楽しめる映画である。

 他の黒澤映画同様に、この映画もまた導入からすばらしい。時代は江戸時代である。ある藩の、たぶん町外れにある薄暗い社殿に九人の若侍達(加山雄三、他)が集まっているところから始まるのだが、彼らの話している内容から、この藩の置かれた状況がわかるのである。即ち、この藩では汚職が行われていて、その汚職をこの若侍たちは暴こうとしているのであった。

 若侍たちは、汚職の首謀者は次席家老黒藤(志村喬)と国許用人竹林とみなして、城代家老睦田(伊藤雄之助)に意見書を提出していたが、睦田は「一番悪いやつはとんでもないところにいる」と言って取り合ってはくれなかった。そのため大目付の菊井に相談していていたのだが、この菊井こそ汚職の黒幕だったのである。そして菊井は、若侍たちに今夜この社殿に集まるように示唆し、若侍たちを一網打尽にするつもりで、この社殿を十重二十重に手の者を使って既に囲んでしまっていたのである。若侍たちは、社殿の奥で寝ていて彼らの話を聞いていた椿三十郎(三船敏郎)によってこの絶対絶命の窮地を助けられる。

 こうして椿三十郎および若侍のたった10人と、藩をほとんど掌握している菊井達との戦いが始まるのである。三十郎が、知恵と剣の腕を使ってどのように菊井たちを追い込んでいくかがこの映画の最大の見所、楽しみどころであり、実際にこの映画を見て堪能していただくより他はないであろう。若侍達は、その若さと三十郎に対する疑心暗鬼から思いがけない危難をもたらしたりするのであるが、そのつど乗り越えていくシナリオのうまさは素晴らしいの一語につきる。


 この映画は、役者たちによる登場人物たちのキャラクター作りの見事さも楽しむことができる。例えば、菊井の懐刀である室戸半兵衛を演じた仲代達也のギラギラしたところは他の役者ではとてもまねすらできはしないであろうし、城代家老睦田を飄々と演じた伊藤雄之助も素晴らしい。そして、嘗ての大女優入江たか子さんの城代家老の奥方の見事さも例えようがなく、三十郎に「あなたは抜き身みたいな人だ。でも本当に良い刀は鞘に入っているものですよ」と諭すところなどは、三船を圧倒しているようにさえ思えるのである。

 映画の最後で、世界を驚かした有名な椿三十郎と室戸半兵衛の対決シーンがある。そして若侍たちに、上記の奥方の言葉を繰り返し、「おとなしく鞘にはいていろよ」と言い、最後にテレながら一言「あばよ」と去っていくのである。このかっこよさに観客はしびれてしまうのである。この映画をみずして、本当に面白い映画を観たということはできないであろう。必見の面白さである。

 以下に他の方の感想があります。