浮雲 東宝(昭和30年:1955)
監督
 成瀬巳喜男

原作
 林芙美子

音楽
 斉藤一郎

出演
 高峰秀子
 森雅之
 岡田茉莉子
 成瀬巳喜男監督による映画『浮雲』は、1955年のベストワンであり日本映画屈指の名作との評価が高い作品である。しばしば行われる日本映画のベスト10の選出においても、必ず上位にランクされる作品である『浮雲』は、日本映画の恋愛映画の最高傑作と言われるのであるが、私的には、この映画を”恋愛映画”と呼ぶことに何故か躊躇してしまっている。

 映画は、昭和21年初冬の引き揚げ船から幸田ゆき子(高峰秀子さん)が降りてくるところから始まる。ゆき子は、農林省のタイピストとして仏印に渡っていて、そこで農林省の富岡(森雅之)と出会い、愛し合う仲になっていた。終戦によって日本にかえるとき、富岡は妻と別れて日本で君を待っていると約束してくれていたのである。しかし富岡は妻とは別れることができずにいたため、この二人の恋愛というよりも、「男と女の関係」とでもいうべきズルズルとした関係が始まり、そしてゆき子の死で終わるまでの物語である。

 監督の成瀬巳喜男は、その名前をもじって”ヤルセナキオ”と言われていたことは有名であるが、この映画はまことにこの言葉どおりの”やるせなさ”に満ち溢れた映画である。例えば、生活にどうしようもなくなった二人が千駄ヶ谷の駅で待ち合わせてそぞろ歩きをするのだが、そのとき以下のような会話を交わすのである。この会話は、読むだけでもやるせなさが募ってきそうだが、それが二人の名優によって演じられるのであるから、一層際立ってくるのである。

ゆき子:「いやにシケてるじゃないの」
富岡 :「いやな言葉を使うなあ」
ゆき子:「そう? 一人でいると色んな言葉を覚えちゃうのよ」
富岡 :「そういうもんかねぇ いかにも楽々として楽しそうに見えるよ」
ゆき子:「あらいやだわ そうかしら? ちっとも楽々としてなんかないわ そうみえるなんてシャクだわね」

<しばらく歩いて>
ゆき子:「ねえ どこまで歩くのよ」
富岡 :「渋谷にでもでてみようか」
ゆき子:「私達って行くところがないみたいね」
富岡 :「そうだな」
富岡 :「どこか・・・ 遠くへ行こうか」

 ゆき子と富岡とは、このセリフのように行くところがない二人なのであった。富岡は、妻と別れることもできない優柔不断な男であり、また上記のような会話をした後、二人で心中するつもりで行った伊香保温泉で、飲み屋で出会ったおせい(岡田茉莉子さん)とも関係を持ってしまうようなだらしない男として描かれている。思うに、この富岡という男を男のひとつの典型として成瀬巳喜男監督は見ていたのではないだろうか。行動に表すかどうかは別にして、多くの男は、この富岡のようなだらしなさというものを自分自身の中に見出すことができるであろう。

 二人には様々なことが起きるのであるが、富岡の妻が病気でなくなり、再起を決意した富岡は昔の農林省のつてで、屋久島の営林署に仕事を得ると、ゆき子もそこに連れて行って欲しいと懇願し付いて行くのだが、これがゆき子の死出の旅路になってしまうのである。屋久島への赴任の途中で、ゆき子は鹿児島で発病してしまうが無理を押して屋久島まで行く。しかしゆき子は、屋久島につく頃には戸板で運ばれるにほどに病状は悪化していて、富岡が山に入っている間に、吐血して一人、亡くなってしまうのである。そして、『終』の替わりに、以下のような言葉でこの映画は終わる。

 花のいのちは短くて、苦しきことのみ多かりき

 映画の最後のシーンは、フェデリコー・フェリーニの名作『道』と比較されることがあるが、私的には、本ホームページで取り上げた「乱れる」と対をなすようにも思われる。「乱れる」では男(加山雄三)がなくなるが、本作品では女が亡くなるのである。いずれにしろ、日本映画の傑作のひとつであり、映画が始まって、クレジットとともに斉藤一郎の哀愁を帯びた音楽が流れてくると、成瀬巳喜男の世界に引き込まれてしまうのである。必見の名作である。


 以下に他の方の感想があります。