緋牡丹博徒 花札勝負 東映(昭和44:1969)
監督
 加藤泰  

出演
 藤純子
 高倉健
 嵐寛壽郎
 若山富三郎
 明治の中頃の名古屋、四国道後の熊虎親分(若山富三郎)からの添書を持って、杉山貞次郎(嵐寛壽郎)が親分を務める西之丸一家へと向かう緋牡丹のお竜(藤純子さん)の姿があった。その途中、迷って線路に入ってしまった盲目の少女を間一髪で助けたりするのである。

 西之丸一家では、お竜の偽者が名古屋近辺の賭場に現れてイカサマ賭博をしていることを知り、お竜はその解決を自分でつけようとする。その頃、西之丸一家は官幣大社熱田神宮修復のための大勧進賭博をひかえていたのだが、新興やくざの金原一家の組長金原鉄之介は、自分の義理の娘の八重子を国会議員の古田の後添えとしようとして取り入り、勧進賭博を取り仕切ることを狙っていた。しかし八重子は杉山貞次郎の一人息子で東京の大学に行っていた次郎と恋仲だったのである。

 そんな時に、偽の緋牡丹のお竜が金原一家の賭場に現れ、それを知ったお竜は賭場に赴くが、偽のお竜はかつて助けた盲目の少女の母親のお時であった。お時のイカサマ賭博の目的が、娘の目の手術費用のためであることを見抜いたお竜は、お時と娘を逃がそうとするのだが、二人は金原一家に捕まってしまう。

 八重子が古田の後添えにされることを知った次郎は、東京から戻って金原に八重子との結婚を掛け合うのだが、金原はサイコロで勝てば結婚を認めるという条件を提示し、お時と次郎と勝負させるのである。お時は勝負に勝つのだが、お竜が次郎を取り戻そうとしていることを知り、次郎と八重子を逃してしまう。そのために、お時は金原一家に殺されてしまうのだが、次郎と八重子はお竜に助けられて大阪の堂萬一家へと逃げることができた。

 このような状況の中、やがて勧進賭博の日が近づいてくると、金原一家に草鞋を脱いでいた渡世人花岡彰吾(高倉健)が一宿一飯の義理から杉山と対決することになってしまい、杉山は重傷を負ってしまうのだ。やがて勧進賭博の日となり、杉山は重傷を押して勧進賭博の挨拶をするのだが、ついに息をひきとってしまう。
 金原は、さらに熱田神宮へ奉納金を修めに行った西之丸一家を襲い、金も奪ってしまうのである。こうした金原一家の卑劣さに、ついにお竜の怒りが爆発し、熊虎一家の不死身の富士松、そして金まで奪う金原の汚いやり方に耐えかねた花岡と共に、金原一家に殴り込みをかけるのだった。

 以上が、緋牡丹博徒花札勝負のおおよそのストーリであり、この時代の任侠映画のパターンである”任侠道を貫いている古いやくざが、新興やくざの理不尽さに耐えて我慢に我慢を重ねるが、最後にはついに立ち上がり殴り込みをかける”という形式・様式を踏まえて作られている。多くの観衆は、この最後の殴りこみまでの新興やくざの理不尽さに憤り、最後にヒーロー、ヒロインが殴りこみに立ちあがるときに、拍手喝采を送るのであった。

 『瞼の母』を監督した加藤泰監督によるこの緋牡丹博徒花札勝負は、緋牡丹博徒シリーズの中の第三作目の作品である。加藤泰監督は、他に『緋牡丹博徒 お竜参上』と『緋牡丹博徒 お命戴きます』を撮っているが、いずれも傑作といわれている。

 加藤泰監督のカメラアングルは、小津監督以上の極端なローアングルであるが、このカメラアングルからため息のでるような素晴らしいシーンが作られている。また脚本も素晴らしく、次郎と八重子の話はあたかもロミオとジュリエットの設定のようであるが、違和感なく見ることができるのである。

 カメラワークと脚本の素晴らしさは全編に渡るが、一例をあげると緋牡丹のお竜と花岡彰吾が初めて出会う雨の堀川端のシーンなどに見ることができる。このシーンで、お竜が傘を貸そうとして花岡に手渡すときに、お竜さんの指と花岡の指がかすかに触れるのだが、これが殴り込みによって金原を倒した後の、以下のようなお竜さんと花岡の最後のシーンへとつながってくるのである。


 お竜さん:「花岡さん・・・、どぎゃんしてあなた。」
 花岡  :「お竜さん・・・、お恥ずかしいですが、あっしは、・・・はじめて傘貸していただいたあの堀川端での手のぬくもりが、・・・忘れてたおふくろのあったけえ味と同じだったからかも知れませんね。」
 お竜さん:「花岡さん・・・」
 花岡  :「お竜さん、この始末は、あっしにつけさせておくんなさい」
 お竜さん:「いいえ、・・」 
 花岡  :「行くのはあっし一人でたくさんだ。・・・・・春がくりゃ、・・・・また窓から花が舞い込んでくりゃ。」

 <長い沈黙の後>

 花岡  :「お達者で。」

 <そいて、二人が始めてであった堀川端のシーンとなって終わる。>

 この時代の多くの監督の作品にも共通すると思われが、特に加藤泰作品に言える事は、全体が極めて濃密であり、冗長な部分がほとんどないということであろう。それにしてもこの作品は、任侠の世界を描きながら、映像による詩を我々に見せてくれているように思われてしまうのである。


 以下に他の方の感想があります。