緋牡丹博徒 東映(昭和43年:1968)
監督
 山下耕作

出演
 藤純子
 高倉健

 清川虹子
 待田京介
 日本映画において初めて登場した真のヒロインがこの映画の緋牡丹のお竜こと矢野竜子(藤純子さん)であろう。ところで名前の竜子は、本作での最後の場面では龍子となっているので、最初は龍の字を当てたようであるが、後にシリーズ化された時点では竜子になったようである。
 緋牡丹のお竜は、九州熊本五木の矢野組の1人娘であったが、父を辻斬りに殺されてしまったため一家を解散し、父のそばに落ちていた財布を手がかりとして仇きを探して旅を続けている。岩国の武花一家の賭場でいかさまを見破ったことで、四国松山の道後で一家を構える熊虎一家の不死身の富士松(待田京介)の知己を得る。しかし立花一家の闇討ちに会い、このとき出所してきたばかりの博徒片桐直治(高倉健)に助けられる。この片桐こそ財布の持ち主であった。

 お竜はなおも仇を求めて旅を続けていたが、矢野組のただ一人残った子分のフグ新(山本麟一)が道後の熊虎一家に迷惑をかけていることを聞き、熊虎一家に赴く。ここで、熊虎一家と岩津組みとの仲裁をすることになり、それが縁で大阪の堂島に一家を構えるお神楽のおたか(清川虹子さん)の知遇を得て、お神楽のおたかのところに不死身の富士松とフグ新と一緒に草鞋をぬぐ。この堂島では新興のやくざの加倉源蔵(大木実)と対立していた。この加倉は片桐の弟分で片桐から財布を預かっていたのであり、お竜の父の仇であった。そしてフグ新や不死身の富士松、そして片桐の助けを得て父の仇を討つのである。

 以上が緋牡丹博徒の記念すべき第一作のあらすじであり、この作品によって我々は真のスーパーヒロインを得たのである。東映はそれまで、鶴田浩二、高倉健等を主役として多くのやくざを主人公とした任侠映画を作ったが、緋牡丹博徒シリーズはその仁侠映画の頂点ともいえるものであり、この映画は大ヒットし、緋牡丹博徒シリーズとして計8本が製作される。藤純子さん演じるお竜さんは美しいだけではなく、小太刀の免許皆伝であり、ピストルをぶっ放す。その姿に多くの観衆が拍手を送ったのである。

 藤純子さんは日本映画に咲いたまさに大輪の花であるが、挙措動作が美しいばかりでなく、小太刀を用いた殺陣の見事さは他の女優の追随を許さないように思われる。映画のどの場面も美しく、随所に牡丹の花が効果的に使われている。この時代の日本映画を見るたびに思ってしまうことは、脚本とカメラワークの素晴らしさであり、例えばお竜さんが片桐に財布の持ち主を問い詰める場面の構図と台詞、フグ新が昔の五木時代のお竜さんを回想するシーン、旅を続けるお竜さんを船上で捕らえたショット、最後に片桐が倒れてお竜さんが助け起こす場面を牡丹の花の間から捕らえて場面等、枚挙にいとまがない。最後に、加倉に殴りこみをかけるときにお竜さんと不死身の富士松が並んで歩き、そして藤純子さんが歌う緋牡丹博徒の主題歌が流れてくると、観客もまたお竜さんと並んで歩いているように思えてきてしまうのである。

 以下に他の方の感想があります。