酒と女と槍 東映(昭和35年:1960)
監督
 内田吐夢  

出演
 大友柳太郎
 片岡千恵蔵
 花園ひろみ
 淡島千景
 山形勲
 原健策
 東野英治郎
 この映画『酒と女と槍』の大友柳太郎は、好きな俳優の一人である。といっても、その理由は単純で、映画『笛吹き童子』の妖術使い・霧の小次郎を大友柳太郎が演じていて、どこかの場面で”ワアーッ、ハーッ、ハーッ、ハーッ”と高笑いしながら黒雲とともに消えていくシーンが、子供心に格好よく思えたためであろう。

 『酒と女と槍』は、豊臣秀次に仕え、槍を取っては天下無双の剛勇で”槍の蔵人”と呼ばれた富田蔵人高定(大友柳太郎)の”酒”と”女”と”槍”に象徴されるような生き様を描いた巨匠内田吐夢監督の作品である。

 関白秀次が謀反の疑いで豊臣秀吉(東野英治郎)によって切腹させられると、高定の一族、特に兄の知信(原健策)が、富田一族の家名のためといって高定に追い腹を要求する。腹をたてた高定は、伏見城大手門前に高札を立てて、千本松原で切腹することを天下に宣告し、死ぬ前の数日間を心置きなく酒を飲んで過ごすため豪商の別荘に身を寄せ、贔屓の女歌舞伎の妥女(花園ひろみさん)を招いて最後の酒の相手をさせるのである。

 そして切腹当日、千本松原には夥しい見物人が押し寄せ、また見事な覚悟を称える諸大名の使者が酒を携えて使わされていた。したたかに酔った高定が、時刻になって切腹をしようとした正にそのとき、秀吉の使者が馬で駆けつけ、”もし切腹すれば、親類・縁者を処罰する”と言って高定の切腹を上意によって止めるのである。すると、先日までは切腹をせまっていた富田一族が、逆に”富田の家のためだ”と高定を必死に制止するのであった。あまりの愚かさ、ばかばかしさに、高定はただ高笑いする他はなかったのである。

 それからしばらく経った頃、侍家業を捨てた高定は人里離れた村に庵を構え、気ままな生活を送っていた。そんなある日、采女が姉と慕う女歌舞伎の左近(淡島千景さん)が庵を訪ねてきた。采女が一座から姿を消し高定のところに向かったのではないかと案じたのである。左近は、高定を慕う妥女の気持ちを伝えるのだが、高定は「世捨人同然の貧乏暮らしだ。来ても会わんほうがよいだろう」と答える。その言葉を、遅れて訪ねてきた采女が垣根越しに聞いてしまい、嘆いて沼に身を投げてしまう。しかし采女は村人に助けられ一命をとりとめ、左近の計らいで高定と共に住むことになる。

 こうして高定と采女との生活が始まり、静かで平安な日々が過ぎていたのだが、太閤秀吉が亡くなると、再び戦乱の機運が高まってくるのであった。そしてついに徳川家康(小沢栄太郎)の東軍と石田三成(山形勲)の西軍とが関が原で激突することになり、徳川勢に味方するため関が原へ赴く途中の前田利長(片岡千恵蔵)が高定の庵を訪れてきたのである。

 前田利長は高定に再度仕官を薦めるのであるが、高定は「侍家業などは、疾うに飽きたのでございます」といってこれを断る。しかし利長は、欄間に掛かる槍を指差し「侍を捨てた身に、何のための槍だ!」と問うのである。こうして高定は、押さえ込んでいた武士としての生き方を呼び覚まされてしまい、そしてクライマックスの関が原の戦いへと突き進んでいくのである。

 前田利長の後を追おうとする高定にすがり付く采女は、「ややができました!」といって必死で止めるのだが、高定は懇願する。「侍の意地を通させてくれ! わかってくれ!」と。どうしても引き留めることが叶わぬと悟った采女は、涙ながらに自分の髪を束ねていた帯をはずし、高定の持つ槍に結び、許してしまうのである。
 
 関ヶ原の東軍の陣において、家康に呼ばれた高定が見たものは、三成に内通しようとしたという理由で処刑された兄知信の首であった。そしてまた自陣に戻った高定は、歌舞伎小屋に訪ねて来た妥女から全てを聞いて、高定に訴えるため自害して果てた左近を見つけるのである。左近の死から、全てを悟った高定は深い悔恨にくれるのであった。

 一夜が明け、知信と左近を弔った高定は、馬上の人となるや槍を振るって合戦の只中に飛び込んでいく。まず、家康の本陣を襲って家康の心胆を寒からしめ、馬首を翻すや三成の陣に馳け登り、これを突き崩し、さらに戦場を縦横に駆け抜けるのであった。そして戦いが終わった後には、采女の髪帯が結ばれた槍のみが空しく残されていたのである。

 この映画の時代、即ち、終わろうとしているとはいえ未だ戦国乱世の気分が濃厚な時代の武士(”もののふ”と読みたい)は、戦場でこそ自分が生きていることを実感することが出来たのであろう。現代の”マイ・ホーム・パパ”と化した小生には、高定のような生き方はとても出来ないであろうし、それ故にこそ采女の制止を振り切って戦場に向かった高定のように生きても見たいと、思い憧れるのである。

 高定の槍に髪帯を結びつけるところは、采女の悲痛さが伝わってくるシーンである。これを文章で表現しえるだけの術を持ち合わせていないため観てもらうしかないのであるが、残念ながらこの作品はDVD化されていない。ぜひとも DVD化を望みたいところであるし、映画文化に携わる企業の責任でもあろう。