宇宙大戦争 東宝(昭和34年:1959)
監督
 マキノ雅弘

音楽
 木下忠司

出演
 藤純子
 高倉健
 鶴田浩二
 若山富三郎
 菅原文太
 待田京介
 伊吹吾郎
 山城新伍
 長門裕之
 名和宏
 天津敏
 木暮実千代
 南田洋子
 水島道太郎
 八名信夫
 藤山寛美
 嵐寛寿郎
 片岡千恵蔵
 映画『関東緋桜一家』は、藤純子さんの引退記念映画であり、そして名匠マキノ雅弘監督の劇場映画の最後の監督作品でもある。東映の10年間を支え続けてきた仁侠映画は、この作品を持ってその終焉を迎えたといってもよいであろう。翌年の1973年には、深作欣二監督による『仁義なき戦い』が発表され大ヒットとなり、東映は任侠映画から実録路線へと大きく舵を切ったが、このことにより私的には東映映画から離れることになってしまったのである

 この映画は藤純子さんが、NHK大河ドラマ『源義経』で共演した尾上菊之助(現七代目尾上菊五郎)と結婚するため引退することになり、その引退記念の映画(引退を記念する映画が作られたのは、たぶん藤純子さんのみであろう)であり、東映仁侠映画で活躍した主な出演者が勢ぞろいしている。御大片岡千恵蔵も出演し花を添えている。
 
 引退記念映画ということで、映画の冒頭で藤純子さんが人力車から登場すると、映画館の観客から大きな拍手が起こったことを覚えている。映画の背景は、明治の末ごろの柳橋である。藤純子さん演じる芸者鶴次が、この柳橋で賭場を開こうとする警察官崩れのヤクザの様々な横暴に耐えに耐えた後に、鶴田浩二演ずる渡世人の旅清、高倉健演じる信二とともに殴り込みをかけて倒すという東映任侠映画の文法を守った映画でもある。

 藤純子さんを日本映画史に燦然と輝く女優としている映画は、いうまでもなく『緋牡丹博徒シリーズ』であることは論をまたないであろう。従って、本来ならば、集大成的な緋牡丹博徒シリーズをもって引退記念映画とすることも考えられたのかもしれないが、東映は、『関東緋桜一家』という新しい映画を作ることによって、藤純子という大輪の花の引退記念としたのである。この映画の最後で、藤純子さん演ずる芸者鶴次が信二(高倉健)を追っていくために、「皆さん、お世話になりました」と周囲の人々に別れの挨拶を述べるのだが、これは当然ながら我々観客、すなわち藤純子ファンへ心からの感謝と惜別の言葉であり、これを聴いた我々映画館内の観客全員が惜しみない拍手を送ったものである。

 この終わり方については、”映画館は満員であったが、藤純子と高倉健が結ばれる、おそらくは〈仁侠映画〉初のハッピーエンドで観客はわれにかえり、白けた気持になった。この一作で大衆が〈仁侠映画〉が終わったような気持になったのが、同じ客席にいた一人として、よく理解できる”(作家の小林信彦)というような批判があるが、私的には、こんな風には全く感じなかった。確かに翌年には『仁義なき戦い』が作られたが、この時点では観客の誰もが(たぶん、東映ですら)そんな映画が作られ、実録路線になるとは考えてもいなかったはずであり、任侠映画の観客動員力が弱まっていたとしても、任侠映画は継続していく思っていたはずであり、そう願っていたのである。
 従って、ハッピーエンドとなったことは、藤純子さんがこれで引退して、尾上菊之助と結婚することがわかっていた多くの観客にとっては、”なんとも粋な終わり方” だと単純に思い、東映の、いやマキノ監督のこの演出に喝采を送ったはずである。なんといっても、”引退記念映画”であり、それゆえに今後の藤純子さんの幸せをほとんどの観客が願っていたはずなのだから。

 マキノ監督は、自伝『映画渡世』の中で、”オールスター・キャストとはいうものの、もっと一生の記念になるような映画を純子のために残してやりたかったと思う”と書いているが、それでも藤純子さんの美しいシーンや、相手のヤクザを投げ飛ばし、切り伏せるカッコイイシーン、そして高倉健や鶴田浩二との情感溢れるシーンを随所に見ることができて、私的には大満足であった。また、若山富三郎が北辰一刀流の達人として出演しており、天津敏演じる田宮流抜刀術(”居合い”と表現しない点がよい)の使い手との殺陣シーンも素晴らしい。そして最後の殴りこみは、藤純子さん、鶴田浩二、そして高倉健の三人衆の揃い踏みである。これ以上、なにを望むことがあるだろうか。

 以下に他の方の感想があります。